カーペットの遍歴を探ってみよう

現代では昔と比べてフローリングの上で生活をする機会が増えており、人とカーペットは密接な関係にあると言えます。世界各国の様々な地域で深く生活に根付くカーペットには、どのような歴史があり現代至ったのかをご説明します。

敷物の起源を探ろう

敷物の始まりは原始時代にまで遡り、動物の毛皮や草木を敷物とする事で快適な移住空間を作ったことが、カーペットの起源であると言われています。敷物に求める要素は、地域や気候、風習によって異なっており、それらに見合った形のものが敷物となったと考えられます。寒い気候の土地では動物の毛皮が使われ、暑くジメジメとした土地では湿気を吸収する草木が好まれました。これらのことから昔の人々は、少しでも移住空間を快適なものにするために敷物を用いたと考えられます。現代においても、国や文化によって様々な特徴をもち、生活文化に合った使い方をされているカーペットは、人々の生活の理にかなった姿へと変貌を遂げた結果であると言えます。

敷物の大きな変貌

次にどのような過程を経て、敷物が絨毯や織物といった形に変化を遂げたかをご説明します。人々の生活が狩猟生活から牧畜生活へと移り変わったことにより、羊から毛を刈り取り羊毛を使用して敷物を作るようになりました。摩擦をかけた圧力と熱で現代のフェルトとなるものを作ったのです。帽子や洋服などにもフェルトを用いていたことも影響し、シンプルな無地のフェルトが様々な色や柄のフェルトへと発展したといえます。美しい模様に色とりどりのフェルトの絨毯が現代の多種多様な模様のカーペットを生み出したといえます。また、熱帯地方では草木を編んで敷物を作るようになり、織物の起源となったのです。このようにカーペットとは、その土地の風土や自然環境の中で生活様式に合った発展の仕方をしていったと言えます。

偉人たちの知恵がつまったカーペット

絨毯や織物といったカーペットがどのように発展したのかをご説明します。まずオランダで羊毛を使ったパイル織物が開発されました。次にイギリスでブラッセル織が開発され、フランスが模様を生み出すことのできるジャガード機を発明しました。そしてジャガード機が進歩したウィルトン織機が発明されたのです。さらに第二次世界対戦後、これまでの「織る」という概念から「刺す」ことで敷物を作る手法に転換したことで、飛躍的に生産量を増加させることを可能にしたのです。このような長い遍歴を経て、現代の機械化による大量生産へと繋がったと言えます。現代のカーペットの姿形には、多くの偉人たちの知恵と努力の結晶がつまっていると言えるのです。