カーペットの種類とマットとラグとカーペットの違い

西洋化が進んだ現代では住宅も西洋の影響をどんどん受け今では、畳の住宅よりもフローリングの床の住宅が増えています。しかし、、フローリングの場合滑りやすく危険なため多くの家庭がカーペットを敷くことで滑る危険性を軽減させています。今回はこのカーペットの種類やラグ、マットとの違いを紹介していきます。

カーパットにも種類がある?

カーペットにも素材によってさまざまな種類が存在します。例えば、ウールと呼ばれるカーペットは天然繊維のカーペットで、天然繊維であるため、冬は暖かく夏は涼しく一年中使える機能的なカーペットになります。また、色味も優しく部屋の雰囲気の邪魔をしないのでどの家庭でも使いやすい種類になります。その他にもナイロンという非常に強くカーペットの中でも軽い種類のものであり、薬剤や油、害虫を寄せ付けない機能性のある種類のものやポリプロピレンと呼ばれる軽くて丈夫で湿気も通しにくいような種類のもの、ジュート調と呼ばれるリネンなどに似た高級な繊維の一つで植物の茎から作られている種類のものなどカーペット一つでも数多くの種類のものがあります。カーペットは一年中使うものであるため、機能性を重視し夏は涼しく冬は暖かい物を選ぶとこが大切です。

ラグとマットとカーペットは違う?

カーペットのほかにも床に敷くようなマットやラグというものがあります。こちらはカーペットとはまた少し別のものになります。ここではこの3種類の違いについて説明していきます。まず、大きく言うと決定的な違いというのは大きさや使う場所で変わるだけということです。
カーペットは床全体に敷くような大きい敷物でラグとは3種類の中で中くらいの大きさで約3畳ほどの大きさの敷物のことを言います。マットとは、3種類の中でも一番小さく1条よりも小さい範囲で使われる敷物になります。また、それによりそれぞれで使われる目的も変わってくるため購入する際はしっかり用途を見極めて商品を選んでいく必要があります。ただ、決定的な違いの部分はないため自分なりの使い方で使用する人も少なくありません。

カーペット、ラグ、マットそれぞれの用途は?

カーペットとマットとラグの違いは分かっても基本的な使い方がわからないと意味がありません。ここではこの3種類の敷物の基本的な用途について紹介します。まず、マットですが、マットの基本的な用途は汚れを防ぐ、夏の汗対策水滴が床に落ちることを防ぐという意味合いがあるため、基本脱衣所、トイレ、玄関、キッチンなどに使われることが多い敷物になります。次にラグはインテリアの一部や食事の際の食べこぼしの汚れを防ぐなどの意味合いで使われるためリビングのテーブルの下、ダイニングテーブルの下、ベットの足元などに使われています。
カーペットはインテリアとしてや足音などの防音対策、冬の断熱効果などの意味合いがあるためフローリングの部屋全般に使われています。
こうした違いを知ることで目的にあった物を見つけることができます。
ただ、あくまで基本的な使い方のため自分の好みに合わせて使っていくことも一つの方法になります。