カーペットのクリーニング方法を紹介!あなたならどれを選ぶ

毎日、ていねいに掃除機をかけていても、カーペットには埃やゴミ、抜け毛などが残ってしまいます。コロコロとよばれる粘着シートでカーペットを掃除してみて、あまりにゴミ等が付着するので驚いたことがある方も多いのではないでしょうか?

家までカーペットを取りに来てくれるサービスも

カーペットをクリーニングするには、プロの業者にクリーニングを依頼するのが最も簡単です。
身近にあるところでは、普通のクリーニング店でも家庭用カーペットや絨毯、ラグマットなどのクリーニングを引き受けてくれます。取り外せるタイプのカーペットであれば、クリーニング店に持ち込むとよいでしょう。大きなカーペットだとたいへん重くなるので、集荷に来てもらうのもよいでしょう。電話一本で、家まで引き取りにきてくれるお店もあります。
最近では、宅配会社と大手のクリーニングチェーン店が提携して、カーペットのクリーニング宅配サービスを提供しており、たいへん好評です。
ネットで申し込むと宅配会社のスタッフがカーペットを取りに来てくれて、工場でクリーニングを行った後、家まで届けてくれます。

クリーニングの費用

気になる費用ですが、1畳あたり800円から4000円前後が相場です。金額にバラつきがあるのは、カーペットの種類によってクリーニングの手間が大きく異なるためです。
一般的に、高給なカーペットになればなるほど、毛足が長くなり、丁寧に洗浄を行わないと毛が抜けてしまったり、生地が固くなったりしてしまいます。そのため、高給な製品ほど単位面積あたりの料金が高くならざるを得ません。しかし、そのぶん丁寧で完璧な仕事をしてくれるので、多くの人がクリーニングを利用した後に満足しています。また、クリーニング店では保証制度が利用できるため、万が一色落ちなどが発生しても弁償してもらえるので安心して任せることができるのです。

ハウスクリーニング業者も引き受けてくれる

カーペットのクリーニングをしてくれるのはクリーニング店だけではありません。キッチンやバスルーム、エアコンなどのハウスクリーニングを行っている会社に頼むことも可能です。
床に接着剤で貼り付けてあるタイプのカーペットの場合には、取り外すことができないため、クリーニングする場合には必然的にハウスクリーニング会社に依頼することになります。
料金はクリーニング店と同じように、カーペットの材質と面積によって決まります。一般家庭によくある化繊のカーペットの場合、6畳分の広さで8000円から10000円程度が相場です。
コーヒーなどをこぼしてできたシミも、綺麗に消えてなくなることがあります。カーペットの汚れが気になったときには、相談してみてはいかがでしょうか。